本を使う

未分類

旺文社の過去問はマストです

これはもうね、鉄板です。

机に向かって本とノートで勉強できない人は絶対受かりません。

じゃあ何の本を使うかなんですけど、やっぱりおすすめは旺文社の過去問になります。

過去問は実際のテストに出た問題ですから、これからも似たような問題が出ること間違い無しなんです。人物の名前が変わっただけとか、場所が変わっただけとか、「この問題前に見たことあるー!」ってなること請け合いです。

「他の出版社の本じゃダメなんですか?」って聞かれたことあります。ダメじゃないですよ?

でも旺文社の方が良いです。何が良いかって、解答が別冊になってて取り外せるところがいいんです。だから机の上で勉強するとき解答を外しておけば、本を開いておきやすいんです。

あと解説が非常に詳しい。分からないなぁと思った単語の意味が載ってる。痒いところに手が届く。

もちろん他の出版社から出てる本も、それぞれ特徴があって、良いところはありますし、何なら学校で使っているワーク等でも勉強できないことはありません。

ただ本番と同じ形式で、リスニングも同じ声で、勉強できることのメリットは大きいと思いますね。

一つ注意点として、本を使って勉強するときに、書き込むのは無しですよ。1回しか使えなくなっちゃいますからね。

答えは必ず別のノートに書くようにしましょう。

同じ問題を何度も繰り返し解いてください。暗記するぐらいやりましょう。本番でも必ず見たことある問題が出ます。そしたら見た瞬間に答えが分かります。過去問3~6回分×5回ぐらい解いて間違い直しをしましょう。相当自信がつきますよ。

ぶっちゃけ数=力です。

タイトルとURLをコピーしました