はじめに

未分類

この記事を読んでいるあなたは英検を受けようとしている中学生・高校生、もしくはその保護者の方でしょうか?

まわりの友達や学校の先生から「中学生の間に英検3級は取った方がいいよ」などと言われたことがあるのではないでしょうか?

なぜ英検を取った方がいいの?具体的にどんなメリットがあるの?他の資格じゃダメなの?

なんとなく皆が受けているから自分も受けた方がいいのかな?ぐらいでも構いませんが、英検を受けるメリットをしっかりと理解した方が、今後の勉強にもより身が入るのではないでしょうか?

このサイトでは、英検を受ける具体的なメリットと、役立つ勉強方法をお伝えしていきます。

英検とは?

英検は正式には「実用英語技能検定」といい、毎年300万人が受ける、文科省が後援している日本で最も有名な英語の能力を測る試験です。

5級から1級まであり、中学の始めぐらいのレベルから専門用語がバンバン出てくる鬼レベルまで7つに分かれています。

簡単な目安としては、5級が中1レベル4級が中2レベル3級が中3レベル準2級が高2レベル、2級が高3レベル準1級が大学生1級はエリートぐらいに考えておきましょう。

このサイトでは5級~2級の受験を考えている人に役立つコンテンツを配信していきます。準1級や1級の受験を考えている人は、すでに相当な英語レベルを持っているでしょうから、このサイトに書かれている内容は知っているものばかりだと思いますので除外させてください。

英検を受ける具体的なメリット

英検を受ける一番のメリットは「自分の英語力を客観的な基準で示すことができる」ということです。

英検は日本で最も有名な英語の試験です。ということは多くの人が「どのぐらい難しいかを知っている」ということになります。

たとえば高校受験をする中学生の内申書に「英検3級取得」と書かれていれば、「ああ、この子は中学校の英語をちゃんと理解しているんだな」とか、「うちの高校は進学校だけど、この子はちゃんと授業について来れそうだな」とか思ってもらえるわけです。

もし高校受験で同じ点数を取った子が何人もいて、募集人数の関係で同じ点数でも合否が分かれる場合、何も持っていない人よりもアピール出来る点が増えるということになります。

また高校によっては「英検3級を持っている子には入試に〇点加算」とハッキリうたっているところもあります。

企業に就職する際でも、履歴書に「英検2級」と書かれていれば、「ああ、この子は英語に苦手意識は無いんだな。じゃあ将来的には海外とやり取りする部署に配属することも出来るかな」などと、採用担当者にイメージさせることが出来ます。

何の資格でもそうですが、自分の力を客観的な基準で示すことは他の人に自分をわかってもらうために大切なことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました