マークのコツ

時間短縮のマーク技を覚えよう

英検は全てマークシートで解答します。

見落とされがちですが、マークの仕方も練習しておいた方がいいです。

はみ出したり、ちゃんと塗れてなかったりして、本当は正解していたのにバツにされることほど悔しいことはありませんからね。

たいていの英検対策の本にはマークシートの解答用紙がついています。コピーして何度か塗ってみましょう。意外とシャープペンシルよりも鉛筆の方が塗りやすかったという声も多いですよ。

マークの仕方一つで時間を大幅に短縮出来る方法をご紹介します。

「チェックだけ入れて、あとでまとめて塗りつぶす」

これは私がTOEICを受ける時に実際に使っている方法ですが、意外な程に効果があります。

一つ答えが分かった後に、一つマークを塗りつぶして…とやっているとそのたびに問題・マークシート・問題…と目線も手も移動することになります。しかし答えが分かった時に、該当するマークに「ピッ」とチェックだけ入れてすぐ次の問題に取り掛かるようにすると、目線の移動はほんの一瞬になり、頭も問題を考えるモードのままでいられるのです。大問一つ分全てチェック出来たら、次の大問に取り掛かる前にまとめて塗りつぶしておきましょう。

ほんのちょっとのことですが、意外に全体で5分~10分短縮できるはずですよ。

タイトルとURLをコピーしました