すきま時間の使い方

学校の宿題は休み時間に済ませよう

時間は有限です。1日は24時間しかなく、これをいかに有効に使うかが、試験突破のカギとなります。

学校に行き、部活をやり、家に帰って宿題をすれば残された時間はわずかでしょう。

「英検の勉強に使う時間なんてないよー!」という声が聞こえてきそうです。

でもちょっと待ってください。ムダにしている時間はありませんか?

「時間は作るもの」なんです。

私が過去に受け持った生徒で、成績の良い生徒のほとんどが「時間の作り方」が上手い子でした。

彼らは口をそろえて「学校の宿題は家ではやらない」と言っていました。

じゃあどこでやるの?と聞くと「学校で休み時間にやっている」と答えました。

素晴らしい時間メイクですよね。学校の休み時間に少しずつでも宿題をやってしまえば、家で使える時間は大幅に増えます。「細切れの時間」を上手く使えば「大きな時間」を得ることができるんです。

「マンガを読むな」「ゲームをするな」とは言いません。

でも生活を見直せば、まだまだ使えるはずの時間をムダにしている部分はあるはずです。

休み時間、通学時間、お風呂に浸かっている時間、何かを待っている時間…

ふとスマホを持つんじゃなくて、単語帳を見るところから始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました