当日

緊張対策は目の下を濡らす

いよいよ試験当日です。

今さら何かを覚えようとしてももう遅いです。

今まで覚えたものの確認に徹しましょう。

試験会場に着くまでの電車の中では、無理に問題を解こうとしないこと。分からない問題があったりしたら焦って逆効果になりかねません。

単語帳を開いて意味を確認するか、スマホの単語アプリをするぐらいにとどめておきましょう。

試験会場に着く前の水分の取り過ぎにも気をつけてください。

試験中にトイレに行ったら大幅な時間ロスです。

普段からコーヒーやお茶などのカフェインが入った飲み物を飲んでいる人は要注意です。当日は水にしておきましょう。

朝食を抜くのもおすすめしません。試験は思っている以上に脳のエネルギーを消費します。早めに起きて、しっかり食べておきましょう。

会場に入ると緊張します。少々の緊張なら影響はありませんが、手が震えるほどでは試験になりません。

試験開始前にお手洗いに行き、目の下(頬の上)に少量の水をつけてみてください。数秒で驚くほどに緊張が和らぎますよ(これには科学的な根拠がありますがここでは割愛。知りたい人は自分でググってね)。もちろんその後ハンカチで拭いてしまって大丈夫です。

これまでに「やるだけの勉強はやった」と言い切れるなら、合格はもう目の前です。

タイトルとURLをコピーしました